04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

無事戻ってまいりました^^)

2006/09/30
カイロ-成田約12時間、成田-羽田約1時間半、羽田-北九州約1時間半。移動約15時間、延べ約20時間と大変な長旅だったんですが時差ボケもほとんど無く28日より会社に出社しました。

今回の旅で感じたことは、エジプトはすごい潜在能力を秘めた国ということです。
「観光」「石油・天然ガス」「ナイル川流域の肥沃な大地」「スエズ運河」等と世界的に見てもすばらしい資源を持っており、うまく生かせば世界有数の豊かな国になれる資質は十分なのに豊かになりきれない。もちろん侵略された歴史が長くそれが一番の理由ではあると思いますが、ガイドのイスマイル氏が「エジプトを豊かにするのはお金ではなく教育である。」と熱く語っていたことが胸を打ちました。「広い土地」「海」「ヨーロッパに近い」「アスワンハイダムと石油や天然ガスから生まれる豊富な電力」「安い人件費」「人口の増加」。気さくで笑顔が素敵なエジプトの皆さんが、いつかあのピラミッドや遺跡を作った遺伝子を動かし中国のように世界有数の発展国になる道を歩みだすことを期待しています。
スポンサーサイト
19:57 日記 | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
スエズスエズ(アラビア語: ?????? (スワイス))は、エジプト東部の都市である。人口43万7000人(1998年)。紅海のスエズ湾に面し、スエズ運河の南端に位置する。製油所、肥料|化学肥料工場が多くある。カイロ (エジプト)|カイロと国道33号 (エジプト)|国道33号や鉄道で結ば

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。