10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

桑田真澄氏講演会

2008/09/03
先日、熊本県八代市に勉強会に行かせて頂き、そこで、プロ野球読売巨人軍「桑田真澄」元投手の講演会を聞かせて頂きました。

桑田さんは皆さんもご存知とは思いますが、高校時代はPL学園で甲子園に5度出場し、2回準優勝、2回優勝。そしてプロに入ってからは、最優秀選手:1回(1994年)最優秀バッテリー賞:1回(1994年)沢村賞:1回(1987年)最優秀防御率:2回(1987年、2002年)最多奪三振:1回(1994年)ベストナイン:1回(1987年)ゴールデングラブ賞:8回(1987年、1988年、1991年、1993年、1994年、1997年、1998年、2002年)という偉大な記録を持ったピッチャーです。このような記録の持ち主であるにもかかわらず、桑田さんは「自分は天才ではなく、どん底から這い上がる努力の天才」と称し、過去どん底から幾度となく這い上がる貴重な体験談を聞かせてくださいました。本当はこの講演の内容も皆様にご報告したいのですが、9月21日(日)に私の所属している美夜古青年会議所が行橋市で桑田さんの講演会を企画していますのでその時までのおたのしみとさせて頂きます^^

今日のお話は、桑田さんの講演会が終了し質疑応答でのこと。ある野球のユニフォーム姿の高校生が桑田さんに向かって「自分は今プロ野球選手を目指して頑張っていますが、高校生の間にやっておいたほうが良いことは何でしょうか?」という質問を投げかけました。会場にも野球のユニフォーム姿の若者が多く、みんな興味深々に聞きいっていました。すると桑田さんはこう答えました。「野球だけじゃなく勉強をしてください。そして遊んでください。野球、勉強、遊び。高校生の時は高校生の時しか出来ないことをしっかりやってください。もし野球の練習が忙しすぎてそんな時間が取れないのならそれは練習の仕方を考え直すべきです。」私は大変感動しました。質問をした高校生は的が外れたようでしたが^^・・・。でも何度もの挫折を経験し、体の続く限り、どんなに人にからかわれ様と最後の最後まで野球を投げ出さず、ついにはメジャーリーグにまで上り詰めた人だからこその言葉だと思います。

人間調子のいい時は誰だってまっすぐ歩けます。しかし挫折のない人生はありません。大切なのは挫折したときにもう一度立ち上がりまたまっすぐ歩きはじめられるか。その力があるかないかで、その人が幸せな人生を送れるかどうかといっても過言ではないと私は思います。もし野球しかなければ、怪我やスランプなどで挫折したとき、もう一度立ち上がれるでしょうか。また本当に野球を終えた後、まともな人生を歩き出せるのでしょうか。きっと沢山の挫折を乗り越え、沢山挫折を乗り越えられなかった人を見てきた桑田さんだからこその回答だと私は思いました。

日々まだまだ勉強していますか?
友情を深めていますか?

クリーニング業界も原油価格の上昇や、少子化問題で大変厳しい折であるからこそ、桑田さんのように挫折に強い男になれるようこれからも努力してまいります^^
スポンサーサイト
10:31 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。